スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスルームについて

お風呂に入ったら湿気をとるのに試行錯誤していました。

2ヶ月くらい住んで今のところは



湯船のお湯流す

水シャワーで壁など全体を流す

窓あける

着替える

百均で買った水切りワイパーで壁などの全体の水をきる
(ほんとうにザッと)




体を拭いたタオルでコーキングの部分の水を拭く

換気扇強で6時間

窓、扉はキッチリ閉める


この手順で毎日やってます。
一週間に一回くらいの頻度でこんなクボミやバーを拭きあげます。






なにが怖いって、カルキの汚れが一番面倒。あの白いヤツです。
鏡も鱗汚れが目立つといやなので、最後のお風呂入った人は水切りワイパーで鏡だけは水切りします。
(子供達も例外ではない!w 大抵喜んでやってますが・・)

鏡、イランかったな・・・・。
入浴中は曇って全然見えないし。





浴槽の中の栓ですが、こんな感じにゴミ取りを外せます。
時々外して掃除しています(ちょっと力がいる)
ここもカルキ汚れが金属のフチに溜まりやすいです。







お風呂の窓ですが、仕様上、この窓しか付けれませんでした。

中の電気を点けて夜外側からみた感じです。

これじゃあティクビ見えるんじゃないか!?

と思ったくらい、よく見えます。




中からデヘヘ~と覗いているのは長男ですが、その奥向こう側。

浴室内の天井と壁のラインが見えるの分かりますか?

ある意味、あれが見えるなら模様ガラスの意味、ないジャマイカ?w

うちは浴室用のカーテンを調達して取り付けました。





チープな感じだけど、カビれば捨てればいいし、手軽でいいです。

今のトコ、カビは発生していません。


おされなブラインドも検討しましたが、汚れたり経年劣化で取り替えたり捨てたり・・っていうのが

ちょっとめんどそうなので・・。

あと掃除、ホコリがたまりそう。メンテの面でも大変そうです。

でも高級感はピカイチです。

シャワーで定期的にザバーーーっと流せる環境なら、ブラインドもいいかも。




お風呂でほんと後悔している点がひとつ。

タオル掛けのバー位置、ここアカンやつや



座って体洗ったら、掛けてあるほかのタオルにあわわがいっぱいつく。

流すのにタオルにシャワーあてる。濡れる。しぼる。

ウン、めんどくさい(泣)

シャンプーの棚側に移動できればいいんだけど、まぁ今となってはムリだし。

このタオル掛けと手摺2箇所は標準でしたが、位置は聞かれませんでした。

聞かれたとしても、タオル掛けのこの位置はOKをだしたと思います。

使ってみないとわからない事って大抵取り返しつかないんですよね(笑)




仕事でお掃除しているので、なんとなくポイントみたいなのがあって

お風呂の場合は湿気をすばやく無くすことが肝心だと思います。





あと、コーキングのカビはついてしまうと漂白剤でも落ちないので、ここの水分は残さないほうがいい。

床と壁の境目のコーキングはハブラシなんかでゴシゴシやってるとボロボロになるので定期的にスポンジで洗うといいです。

お風呂の台の↓側も要注意です。

クボミがたくさんあり、水分が残りやすいからカビの原因になります。




案外忘れがちなのが出入り口のこのカバー。

外せるのがほとんだと思うので、ここは定期的にあらったほうがいいです。

ゴミ結構溜まります~









でも、こんなことを毎日掃除できない。めんどくさいわ~(笑)

洗剤をつけるような掃除は、一週間に一度でじゅうぶんだったりします。

日ごろはとにかく湿気を追い出すこと、水分を拭きあげること。

鏡の表面と境目、コーキング、水栓の付け根。

ここら辺あたりを押えておけば、そんなに汚れることはないと思います。

あと、出来れば髪の毛ゴミを取った後はカバーを外しておくのもいいです。







それもこれも、新品でキレイな状態だったから出来ること。
(体拭いたタオルで浴室内拭くとか)

これがカビだらけの汚いお風呂を掃除してきれいを保つって方向なら

多分続かない(←めんどくさがり)


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ままたゆ

Author:ままたゆ
家作り☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。