スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホスクリーンってきっと便利!

家を購入するにあたって初めて出会った超便利なアイツ
ホスクリーン





天井に前もって下地補強がいることを知り、上棟打ち合わせ確認の際にあっちこっちに下地をつけてもらうよう
お願いしました。

ホスクリーン設置確定は、

・和室(南向き掃きだし窓)
・寝室(南向き掃きだし窓)


ここは購入してすぐさま自分でつけれるよう、下地部分のクロスに印をつけてもらおうと思います。
多分、取り付けてもらったらお金かかるので・・・
自分でつけます。


あと検討中なのは子供部屋。

子供達の部屋をそれぞれに区切った時、ちょい掛けに便利かと思って(とくに女の子)
一部屋4箇所、二部屋に区切るので合計8箇所に下地補強を入れてもらうようお願いしました。
これはポールをどの方向につるすかで変わるので下地の場所も多いです。

子ギャルが大きくなって、どちらの部屋になるかわかりませんが、
女の子だから下着は自分の部屋で干すかもしれないし・・・。
むしろ、自分で洗って自室で干すくらいにはなって欲しいという、母の願いも多少入っています。

ホスクリーンって干すという目的以外にも使えそうなのでいいですね。
自分が学生の時にもこんなの欲しかった!!

後は・・・

上棟打ち合わせの時に変更した2階のホール部分にも下地だけでも・・・・。
今のこところ、オシャレに飾って~、本棚おいて~・・なんて思っていますが

なんせ子供達が大きくなってどれだけの洗濯物を出すのか謎なわけです。
部活とかなんかで、膨大な量になったら恐ろしいので、準備だけはしとこうと思っています。


ユニフォームとか制服関係とかを干す場所ですね。


2階のホールに母が子供達の洗濯物を干す

乾いたものを自分で自室に片付ける

という
夢のような連携プレイもあります。

是非、各自遂行して欲しい。



でもまぁ
今ならなんとか和室や寝室、庭でチョイ干しでいけそうです。



幼児の服は小さいので、畳むのもそんなに億劫じゃないけど
大人の服を畳むほどメンドクサイ家事はないと私は思っているので
(特にいくら言っても夫は裏返しに服を脱ぐので表替えすのがほんっっっとにイヤ(笑)
しかも、2枚一緒に脱いだりする(--;)

可能な限りハンガー掛けです。

畳む動作だけでも、はしょりたい一心です(笑)

なんだか洗濯の記事が多いのは『キライな家事』だからだと思います。
なんとか少しでも快適にしたいから・・・の裏返し。
干すのはいいけど畳むの大嫌い。


ホスクリーンの受け側(天井につけるやつ)には種類があるようです。

川口技研サイト

一番薄い形の改良型SPCがよさそうです

SPA=改良型が出る前のもの=もしかしたら安いかもしれない
SPE=半埋め込み型=目立たない
SPC=SPAの改良型=無難
SPD=ポールを取り付けやすい=付け外しが頻繁ならいいかも



ベランダには是非これがイイ!と思ったのですが・・・



これは上下にガショーンッ!と動き、
アームもガショーンッ!と出てくる
ロボチックなやつです。

でも腰壁用ってなっているんです・・・。

ホームセンターで実物を見たときは

「おお!おお!」ってなってしまいました。
そばにいた見知らぬじい様が、私がガッションガッション動かしているのを見て
「なんなこれ!ほうな!こななってうごくんな!」
と同じくビックリしていました。

うちはキャンティーバルコニーなので、まずこれは取り付けできないかな。

お布団干して洗濯も干すことを考えると、軒につけるタイプか、
家の外壁に取り付けるタイプになりそうです。


窓壁用は







軒につけるとすると



このタイプになりそうかな。

バルコニーの出幅は1mくらいなので、そんなに大きなものはいらない。

室内のホスクリーンのようにバーで取り付ける軒用もあるようだけど
風で動くらしいので、うちのようにバルコニーが狭いと窓や壁にあたって洗濯物が汚れそう。

室内のホスクリーンは、2セット購入済み。

早く使ってみたい!!

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ままたゆ

Author:ままたゆ
家作り☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。