FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・なにこれ?外壁 回答

ミサワの現場監督さんと短い時間でしたが一緒に現場で見ることが出来ました。
また、納得のいく回答を頂けました。


この外壁の穴は、やはり仕損じた穴だったようです。
打った場所に、金属?があったようで、位置をずらしたのだそうです。
新しい外壁を注文しているので、仮止めの状態らしいです。

でも私、2回、外壁屋さんに会っています。
その時はここの外壁、すでについていました。
仕損じたならそれを説明してくれてたらよかったと思います。


直接外壁屋サンと色々お話もしていましたし。
お話したのは傘掛けの件ですけど。




fc2blog_2014021900225511d.jpg

この穴を見たらビックリします普通。
張替えだって、こちらが指摘したからそうなったのかと思われても仕方ないのでは・・?
コーキングとかで隠せるわけだし。


で、ビス留めが斜めの件ですがこれには理由があるそうです。

斜めに打ち込む事で、外壁のパネルを押し込む(反対側に引っ張る)ようにしているのだそうです。
現場監督のようにうまく説明出来ませんが・・・



↑一本ビス留め

fc2blog_201402190017205ed.jpg


↑これは2本バージョンのビス留め
2本、ビスを打っているのは工場で『一番打ちやすい状態で』『輸送中の振動を考慮して』2本留めだそうです。
で、工場で仕上げた外壁部分に関しては、金具留めらしいです。
でもパネルの結合部分などは、現地で仕上げるしかなく、その部分に関しては釘打ちとなるようです。


緑色の○の部分の釘が、ちゃんと留まっていないように見えるのは
釘の形状からなるものらしいです。

釘の頭の形がなだらかに△になっているから入りきらないんですね。





こういう事はほんと素人じゃわからないですね。

ちゃんと説明を聞けてよかったです。


現場監督に
『他の施主に聞かれたりしませんか?』と言うと・・・
『今まで聞かれたことはないです。でも、ちゃんとすぐにお答え出来ないのは申し訳ありませんでした』
とおっしゃってくださいました。


私のように、近くて時間があればほぼ毎日現場に行けてしまうと、
いろんなことが目に入ります。

でもだからこそ、少しの事でも言って欲しいなって思います。
私も、疑問に思ったらすぐ聞きたいし、知りたい。
施工が進んで取り返しが効かなくなるのが怖いです。


ミサワさんからすると、本当に鬱陶しいと思います(笑)

この忙しいのに・・・ってww


現場が立て込んでいるのに、いつも誠実に対応して下さる「ミサワ現場監督のO原さん」には
感謝感謝です。ありがとうございます。


今日は短い時間だけど無理してきて下さいましたm(_ _)m


スポンサーサイト

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ままたゆ

Author:ままたゆ
家作り☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。