FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追加にご注意☆


色んなものの位置を決める という事が結構頭を悩ませます。

基本、天井から○cmとか床から○cmとか取り付け位置が決まっています。



あと、線を揃える というか。
スイッチパネルなどもそうですが、なるべく線や角を揃える事によってスッキリみせる効果があるからだと思います。

通常は基本にならうのがいいのかもしれません。


ただ

例外もあって・・・・

今回、折れ階段の階段途中にブラケットを左右に付けました。


一個は追加です。

折れ階段の途中(踊り場)は真ん中で低く一段上がっています。

その為、最初につけたブラケットの位置が低くなっていました。
ブラケットの役割は、足元を照らす明かりなので、床から○cmという基本があったはずです。

階段が低くでも一段上がっているので、上がっているほうのブラケットは段差分↑につくようになっていました。

これは2階の階段腰壁から見渡していて、私が『あれ?』と気がついた事です。



これは高さをそろえた後です。
右側が階段の段差分、下がっていました。








即座に、照明の高さを揃えて下さい と言いました。
夫は『機能優先じゃないの~』と言いましたが、もともと一灯でもOKだったわけで
それなら機能優先じゃなく、見た目でいこうよ!と言いました。

その後、一度ミサワさんでクロスの打ち合わせ時にコーディネーターさんに聞くと
やはり見た目的にも揃えるほうがよかったようです。

気がついてよかった!!!



現場や急遽変更したことは、そこに干渉しているものがないか、
または見た目や機能がどうなのか、

一旦色んな人に聞くといいかもしれません。

私は現場の職人さんや現場監督、コーディネーターさん、友達、母など
いろんな人に聞きます。
(あ、夫が入っていないwww)

モットーは『一個の脳みそより、たくさんの脳みそ』です(笑)

言い換えれば、優柔不断ということです!(キッパリ





ずいぶん前に、階段の手摺とスイッチが重なっていて、スイッチが押しにくい!というブログを拝見したことがあります。

画像を見ると、スイッチの部分が完全に手摺と重なっていました。

その為、手摺の下から手を差し込むように入れないとスイッチに触れません。


これは急遽、手摺を追加したためだということでしたが、残念すぎますよね。

どうして誰も指摘してくれなかったの?というのは、施主の切々たる思いだと思うんです。

職人さんは図面どおりに造るのがお仕事なので、職人さんのせいじゃないし

施主が持ち込んだものならHMの責任じゃないかもしれない。

それでもやっぱり、誰かに言って欲しかったな・・・というのは勝手な思いなんでしょうか?






で、階段のブラケットだけじゃなく、リビングのコンセントでも同じ事がありました。


私はしょっちゅう現場にいっているので、職人さんがそこの施工を後回しにしてくれてました。


リビングの天井を12cmあげたことにより、エアコンコンセントの位置が和室のエアコンコンセントとずれます。

うちのリビングは和室と完全に続きになっていて、

リビングと和室の掃きだし窓の間にエアコンコンセントが2個並びます。

将来、和室を仕切ることを考えてです。

並ぶけど、リビング側の天井が高い分、12cmコンセントがずれて付くということです。

電気屋さんに言われて、コンセントの位置は横に並ぶよう、和室側のコンセントと高さを揃えました。



言われないと、こんな事は気がつかないし、言ってくれてよかった!

ありがとう電気屋さん!!





図面上では、天井から○cmの位置にエアコンコンセント となりますが、

そこに使用感や見た目、好みは反映されないので、


後になって変更した部分などは要注意です!!!

↑ココ大事!




にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

テーマ : 家づくりブログ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ままたゆ

Author:ままたゆ
家作り☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。